×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

世界遺産とは?

世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つもののことです。

その内容によって、

文化遺産:顕著な普遍的価値をもつ建築物や遺跡など。

自然遺産:顕著な普遍的価値をもつ地形や生物、景観などをもつ地域。

複合遺産:文化と自然の両方について、顕著な普遍的価値を兼ね備えるもの。

・・・の三種類に大別されます。